忍者ブログ
東京都江戸川区の歴史
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 江戸川区松本1-9-14

 黄檗宗で、貞享元年(1684)に、寿昌院桂月元皎禅尼が開基しました。草創は寛文年間といわれ、禅尼が小庵を結び、病気全快を祈願して弁財天を祀ったのがはじまりです。
 本尊には、禅尼作の千手観音像(寛文9年作、1669)がまつられています。また、境内の弁天堂にちなんで、松本弁天とも呼ばれています。
 昭和62年(1987)3月 江戸川区教育委員会



 境内には『臥竜の松』があります。
PR


所在地 江戸川区松本1-9-14 (寿昌院

江戸川区登録天然記念物
 臥竜の松




 境内中央に見事な枝張りをみせるクロマツで、推定樹齢は500年です。「葛西志」(文政4年、1821)や「新編武蔵風土記稿」(文政11年、1828)に、「地上一尺許より別に一枝を生じて、笠の形に蟠延せる」姿が珍しいと絵入りで紹介されています。大正年間に大風のために幹が折れ、現在の姿になりました。
 62年(1987)3月 江戸川区教育委員会


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性