忍者ブログ
東京都江戸川区の歴史
[49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 江戸川区西葛西南篠崎町2-54

       史跡
 当社は御祭神天照皇太御神を祀り、鎮座年度は不詳でありますが、伊勢神宮の東葛西領上鎌田村の御厨として御鎮座されました。



 御神殿秘蔵の記録によりますと、文化14年(1817)9月に奉納再建し、社名を鎮守神明大神宮と称され、西光寺(当地)住耺權大僧都、智賢により御遷宮奉斎されたとあります。又古文書には安政4年(1858)9月、時の領主源朝臣松平家宗公御代官竹垣三右衛門の時代に、武州国葛飾郡上鎌田村名主芦田平左衛門、年寄芦田一右衛門、年寄嶋村藤左衛門等により社殿を再興したとあります。明治3年(1870)の改正により歴代の神耺は明治5年(1872)11月、東宇喜田村の彦沢詞掌、明治6年(1873)1月より当地高橋智昭詞掌、高橋喜久社掌、高橋安太郎社掌の親子三代と続き、その後、香取茂世、昭和25年(1950)10月から西小松川道ヶ嶋香取神社亀井宮司に至りました。



 明治6年(1873)1月、太政官布告により、社号を天祖神社(村社)と改正されました。160有余年を経た御神殿でありましたが、老朽甚だしく、昭和40年(1965)10月東京オリンピックを記念に氏子崇敬者の総意により、鉄筋コンクリート神明造りの社殿に改築いたしました。厳かに遷座祭を斎行し、広く町内の尊崇を仰ぐ御社として現在に至りました。
 昭和54年(1979)3月吉日  南篠崎天祖神社



 境内には『上鎌田の富士塚』があります。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性