忍者ブログ
東京都江戸川区の歴史
[149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 江戸川区江戸川


 この川は、もと江戸川の旧河道で天正18年(1590)家康が江戸城に入ってから、行徳の塩を船で運ぶ水路として利用された。その後、寛永6年(1629)新川が開かれたので「古川」と呼ばれるようになった。
 時は流れて、この田園地帯にも都市化の波が押し寄せ、古川もその中に埋もれ、川としての機能も生命を失われようとした。これを憂いた「江戸川区長」は、親水河川として活用することを決意、昭和47年(1972)12月着工昭和49年(1974)4月竣工のスピードで、古川は区民の遊びや憩いの場として甦った、そして優れた工法は「全建賞」の栄誉に輝き、また古川は中学教科書や、遠く海外にも紹介された。
 これからも古川のきれいな流れは、多くの人々に愛され親しまれた行くことであろう。
 昭和52年(1977)7月 江戸川区教育委員会



PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性