忍者ブログ
東京都江戸川区の歴史
[11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 江戸川区東葛西6(東京メトロ東西線 葛西駅バスターミナル)

   沿革
 葛西は東京都江戸川区南部(旧東京府南葛飾郡葛西村を中心とする)の地域で、江戸時代は桑川村と長島村、東宇喜田村、西宇喜田村に分かれていましたが、1889年町村制が施工され、四つの村が合併して葛西村となりました。
 いくつもの時を積み重ね、戦後の高度経済成長期に入ると、時代は葛西の地を田畑から住宅地へと変貌することを求めるようになりました。
 このような流れのなか、未来に向けた新しい葛西のまちを築こうと、1968年葛西土地区画整理組合準備会が結成され、1969年12月6日に組合設立認可となり、「葛西土地区画整理組合」が誕生しました。
 施行区域は、葛西1丁目全部及び長島町の一部で、東は江戸川を臨み、西は長島、新田組合の施行区域に接し、南は葛西2、3丁目に北は長島町の一部につながる、約93ヘクタールという広大な施行面積となりました。
 おりしも工業化の進展と地下水の汲み上げにより地盤沈下がすすむなか、蓮田や水田を切り開き、道路や公園を造り、軟弱地盤でヘドロと戦い宅地を造るという難関な工事となりました。
 わが葛西を住みよいまち、快適に暮らせるまちにすることを目指して、心を込めて土を盛り続けたのです。
 1969年3月29日地下鉄東西線が開通し、葛西役の乗降客数も日を追うごとにふくらみ、1971年には1日1万人に達し、2007年には、なんと9万人にもなりました。
 今、葛西駅周辺のまちなみが整備され、環状7号線や放射16号線などが開通し、葛西のまちが、魅力あるまちへと、その姿を変えています。 
 ここに発足以来約40年、苦難の歳月を経て、終着点にふさわしい健全なまちの誕生を願い、ともに歩んできた仲間、組合員の熱い思いを刻み、次の世代へ繋ぐため記念碑を建立します。
 2008年9月吉日 葛西土地区画整理組合

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性